送料 全国一律 1000円 ギフトラッピング承ります

花が先か花瓶が先か

こんにちは、店主です。

卵が先か鶏が先かみたいな答えのないことでもないですが、花と花瓶どちらを先に選びますか?

そんな選択肢あまりないですよね。

花を選んで手持ちの花瓶に生けるのが自然。

花瓶を選んでから花を選ぶのは、よっぽどの花瓶持ち。

花瓶好き。花より花瓶。

さて、花瓶はいくつお持ちですか?

持っていない人の方が多いでしょうか。

花をもらって慌てて花瓶を探した経験があります。

最近は家で時間を過ごすので、花を飾る人が増えたと聞きます。

花瓶を置いている花屋も増えました。

花を飾るだけならシンプルなものでいいんですよね。

花器でなくても、コップでも湯飲みでも。

かくいう私も花瓶にそんなにこだわりはありませんでした。

そんなあるとき人から花器を頂いたのです。

白い一輪挿し。

どこか地方へ出張か旅行で行った時のお土産で、作家さんの品のよう。

表面がすべすべとざらざらで形も均一でない少しいびつな陶器。

人の手が感じられる心のこもった贈り物だなぁと思ったのを覚えています。

 

初めての少し特別な花瓶は、小さくて食卓の上でも洗面所でもどこにでも置ける。

何色も引き立てる控えめな白。

口が小さいから何輪も生けられないけれど、それが反対に悩まないで済む。

一度植物がある生活を経験すると、ない生活がそれまでより少し味気なく感じるんです。

それからは道端に咲く野花を何本かとってきて生けるようなことをしていました。

お気に入りの花瓶があれば、花→花瓶ではなく、逆の花瓶→花もあって、そんな花の選び方もありだと思います。

あとですね、人に花瓶を贈るととっても喜んでもらえることを知りました。

贈り物として複数手元に置いているのが益子焼・小野悦子さんの手びねりの一輪挿し。

土に向かう指先の力が感じられるような、時や思いが凝縮されているような。

懐かしい気持ちにさせてくれる花瓶です。

友人は時折この花瓶に花を生けた写真を送ってくれます。

今日も元気だよ。